/

この記事は会員限定です

「パウエル・プット」不在再び 年末株安を恐れる投資家

大西康平

[有料会員限定]

株式市場で投資家が守りの姿勢を崩せずにいる。日経平均は足元の急落による割安感から買い場にもみえるが、利益を稼ぐ力の確度が高い「クオリティー株」への打診買いにとどまる。悪材料が出ても米連邦準備理事会(FRB)が緩和姿勢で相場を支える「パウエル・プット」の不在が2018年以来再び意識され、年末株安への警戒感も出る。

3日の東京株式市場で、日経平均株価は前日比276円(1%)高の2万8029円で引けた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1122文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン