/

この記事は会員限定です

世界株、ハイテク・景気敏感が下げ主導 利上げ不況警戒

Quarterly Review 7~9月③

[有料会員限定]

2022年7~9月の世界の株式市場は米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めを巡って揺れ動いた。8月に急激な引き締めによる景気不安が台頭すると「小康状態」が一変し、夏場まで買われた景気敏感株やハイテク株には急激に売られる銘柄が相次いだ。10月に入り再び利上げ減速への期待が広がるが、金融政策や経済・金融情勢の先行きは不透明なままだ。

米MSCIが算出する世界株指数(ACWI、現地通貨建て)は7~9...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1094文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません