/

この記事は会員限定です

ソフトバンクG、投資先の売却戦略に誤算 株価も低迷

[有料会員限定]

ソフトバンクグループ(SBG)による主要な投資先企業の売却が難航している。英半導体設計アームについて米国当局が差し止め訴訟を起こした。傘下ファンドが投資する中国・滴滴出行(ディディ)は米国での上場廃止を決めた。SBGが描く、投資先の売却で得た資金を新たな成長企業に振り向ける戦略に誤算が生じつつある。

アーム売却に水を差したのが米連邦取引委員会(FTC)だ。2日、米半導体大手エヌビディアによるアーム買収計画を巡り、反ト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り869文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン