/

この記事は会員限定です

アルミの逼迫映す「逆ざや」 供給力の低下招く恐れも 

[有料会員限定]

高騰するアルミニウムの先物価格にゆがみが生じている。将来のある時期に決められた価格で現物を受け渡す先物取引では、受け渡し日が先になるほど価格が高くなるのが通常だ。ところが、2020年秋以降は時期が先のものが安い「逆ざや」が頻発する異例の事態となっている。

アルミは世界最大の非鉄金属取引所であるロンドン金属取引所(LME)での取引価格が国際指標となる。3カ月先や1年先といった様々な受け渡し日の先物を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1101文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン