/

この記事は会員限定です

年内に再び需要超過も、米が先行 過剰貯蓄の動向カギ 

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍による「需要不足」が改善に向かっている。日銀が5日発表した経済全体の需要と潜在的な供給力の差を示す1~3月の需給ギャップはマイナス1.37%だった。ワクチン接種が進み経済再開で先行する米国は4~6月に需要超過となったとみられ、日本も年内にもプラスになるとの見方がある。家計や企業の過剰貯蓄が消費や投資にどれだけ回るかが焦点だ。

需給ギャップは経済全体の需要と潜在的な供給力の差を示す。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1115文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン