/

この記事は会員限定です

今も残る円高のトラウマ 行天豊雄元財務官

通貨漂流ニクソン・ショック50年 私はこうみる③

[有料会員限定]

ニクソン・ショックで1ドル=360円だった固定相場制は崩壊し、日本経済は為替変動の荒波に翻弄されるようになる。大蔵省(現財務省)の財務官を務め、戦後日本の通貨外交の表裏を知る行天豊雄・国際通貨研究所名誉顧問に話を聞いた。

――ニクソン・ショックが日本にもたらした影響をどうみますか。

「世界経済は金の裏付けを持つドルを基軸通貨とする『ブレトンウッズ体制』のもとで第2次世界大戦後の四半世紀、復興を遂げ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1320文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン