/

この記事は会員限定です

パフィン、ウクライナ企業と提携 開発費用7割削減

[有料会員限定]

暗号資産(仮想通貨)の自動損益計算サービスを運営するpafin(パフィン、東京・千代田)はウクライナの首都キーウ(キエフ)に拠点を置く研究開発企業mobilunity(モビルニティ)と次世代インターネットであるWeb3(ウェブスリー)業務分野で提携する。開発費用を7割減らせる利点がある。

パフィンは仮想通貨交換業者から取引履歴をダウンロードするだけで実現損益を計算できるサービス「クリプタクト」を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません