/

この記事は会員限定です

白金需要13%減 4~6月 投資マネー減少が響く

[有料会員限定]

4~6月の白金(プラチナ)需要が前年同期比で13%減少した。世界的な経済減速の警戒感を先取りした投資家らが、現物に裏付けされた上場投資信託(ETF)や地金などへの投資を減らしたもよう。白金は中長期的には需要増が期待されている。だが、足元では中国の新型コロナウイルスの感染封じ込めを狙う「ゼロコロナ」政策のあおりも受け、国際価格は2年3カ月ぶりの安値圏に沈んでいる。

英国際調査機関のワールド・プラチ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1027文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン