/

この記事は会員限定です

世界の運用会社、株になお強気 現金増やす「守り」も

[有料会員限定]

世界の主要な運用会社が株式に強気な姿勢を継続している。投資家に勧めたり戦略的に採用したりしている資産配分比率をみると、基本配分に比べて株式を高めている運用会社が多い。債券は利回りが低迷しているうえ、インフレの悪影響が懸念される。中長期的な企業業績の改善期待は根強く、株への潤沢な資金配分が世界の株高を支えている。もっとも、資金の偏りはマネーの逆流のリスクもはらむ。

英フィデリティ・インターナショナル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1530文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン