/

この記事は会員限定です

喜べない待機児童の減少

十字路

[有料会員限定]

2022年度初時点の保育所等の待機児童数は全国で2944人となり、直近のピークだった17年度の2万6081人から9割近く減った。認可外保育所に入所すると待機には数えられないなど待機児童の定義がおかしいという批判は横におくとして、国や自治体が掲げてきた待機児童ゼロの目標は達成に向かっているのだろうか。

22年度の保育所等の定員は304万人で、同じベースで比較できる15年度から54万人増えた。受け皿...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り549文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン