/

この記事は会員限定です

綿花、11年ぶり高値圏 インドで輸出停止観測

[有料会員限定]

衣料品の原料となる綿花の国際価格が11年ぶりの高値圏にある。輸出シェア世界3位のインドが国内供給を優先して輸出停止や輸入拡大に乗り出すとの観測が広がり、国際的な需給逼迫懸念が高まった。最大産地の米国は干ばつで生産減少が見込まれる。高値は長期化する見通しで、日本のアパレルメーカーの原料コストの上昇圧力が強まりそうだ。

指標となるニューヨーク先物(期近)は4月下旬から騰勢を強め、5月上旬には一時約1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り939文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン