/

この記事は会員限定です

米社債に「カナリアの警鐘」 迫る利上げを意識

古賀雄大

[有料会員限定]

米国の社債市場で警戒感がじわり増している。金融環境の悪化を知らせる「炭鉱のカナリア」と呼ばれる低格付け債の価格は年初来安値を更新し、国債に対する利回り差(スプレッド)も拡大する。米低格付け債は過去の変異ウイルスの感染拡大局面や中国景気の減速下でも底堅く推移してきた。足元の変調は何を示しているのだろうか。

「ついに動き出したか」。南アフリカや欧州で新型コロナウイルスのオミクロン型が確認された11月末...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1063文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン