/

黒田総裁「インフレは23年初から減速」

think!多様な観点からニュースを考える

日銀の黒田東彦総裁は2日、「物価上昇は2023年初めから徐々に減速する」との見通しを示した。各国の金融引き締めやウクライナ危機など世界経済をめぐる不確実性は高いとした上で、「23年通年では(上昇率が)2%を下回る」と語った。

ASEANプラス3マクロ経済調査事務局が主催するイベントに、ビデオ形式でメッセージを寄せた。足元で市場関係者から金融危機の再発を懸念する声が浮上していることについて、「現時点ではリスクは大きくない」との見方を示した。もっとも今後、「先進国におけるインフレが更なる金融引き締めにつながる可能性もあり、油断はできない」とも述べた。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません