/

この記事は会員限定です

徘徊捜索を支援 MS&ADの傷害保険、認知症以外も補償

[有料会員限定]

MS&ADインシュアランスグループホールディングスは7月、徘徊(はいかい)した高齢者の捜索費用を補償する傷害保険を売り出す。認知症の診断を受けていなくても補償対象にする。軽度の認知症や精神疾患でも行方不明になる高齢者が増えており、対応した保険の需要が高まると判断した。

傘下の三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険が手がける。70~80代の高齢者が2日以上行方不明となった場合、50万円を上限に家族などが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン