/

この記事は会員限定です

製造業、雇用回復急ピッチ 宿泊・飲食は「余剰」に

日銀短観詳細

[有料会員限定]

製造業で再び人手不足感が強まりつつある。日銀が2日発表した3月の全国企業短期経済観測調査(短観)の詳細によると、全規模ベースでは製造業の半数で人員が「過剰」な状態から「不足」の状態に転じた。海外人材の受け入れが難しい現状では労働力不足が日本経済の重荷になりかねない。宿泊・飲食が人手余剰に転じるなど、雇用状況のばらつきも増している。

人員が「過剰」と答えた企業の割合から「不足」の割合を引いた雇用人員判断...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り417文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン