/

日銀・鈴木審議委員「緩和の副作用累積に注意」

日銀の鈴木人司審議委員は2日、神戸市で講演し、「時間の経過とともに金融緩和の副作用が累積していくことに十分な注意を払っていくべきだ」と述べた。金融機関の収益力が低下するなかで金融仲介機能が弱まるリスクを指摘。金融緩和の効果と副作用を比較し、「改善の余地はないか検討を続ける」と述べた。

日銀が目指す2%の物価目標の達成が遅れている背景について「過去のデフレの経験から物価が上がりにくいことを前提とした考え方や慣行が企業や家庭に定着している」点を挙げた。金融緩和のさらなる長期化が避けられない点を踏まえ、「金融緩和が効果を持続していくうえでは金融システムの安定維持が不可欠だ」と指摘した。

鈴木委員は現時点の金融システムは「全体として安定性を維持している」と評価した。ただ、金融機関の収益力の低下に加え、低金利のもとで「利回りの追求に起因して金融システム面の脆弱性が高まる可能性に引き続き留意していく必要がある」と述べた。

鈴木委員は三菱東京UFJ銀行(現・三菱UFJ銀行)出身で、日銀の審議委員の中で金融緩和の副作用への問題意識が強い人物だ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン