/

この記事は会員限定です

米ビットコインETF申請相次ぐ SEC、迫る判断時期

承認は「先物連動型」に限定か

[有料会員限定]

米国でビットコインに連動する上場投資信託(ETF)の上場申請が相次いでいる。申請が出ても却下される時期が長く続いたが、米証券取引委員会(SEC)が先物連動型のETFに柔軟な姿勢を示し「秋にも承認が出る」との観測が広がる。だが、当局の規制は暗号資産(仮想通貨)全体でみるとむしろ強まる方向にあり、現物連動型は認めない方向とみられる。ビットコインが運用資産として一気に定着するかは不透明だ。

8月にSEC...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1202文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン