/

この記事は会員限定です

気候変動開示の前に経営戦略を

十字路

[有料会員限定]

気候変動開示の動きが本格化している。コーポレートガバナンス・コードはプライム市場上場企業に対し、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)または同等の国際的枠組みに基づく開示の充実を求めている。金融庁は2023年度からの有価証券報告書における気候変動開示義務化を検討している。国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)は6月に他団体との統合を行い、気候関連開示草案を最終化する。

企業側の負担感...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り554文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン