/

この記事は会員限定です

業績予想「未定」が招く売り 不確実性、投資の対象外に

[有料会員限定]

国内企業の3月期本決算の発表が相次ぐなか、今期の業績予想を「未定」とした銘柄への売りが目立つ。ウクライナ危機の長期化や米金融引き締めの加速、急激な円安進行など企業を取り巻く経営環境が激変している。だが業績予想という「手掛かり」を提示できない企業は投資リスクが分からない不確実性の高い銘柄として投資を避けられる傾向があるようだ。

2日の東京株式市場で、沖縄電力株の値動きが注目を集めた。前営業日比で一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1168文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン