/

この記事は会員限定です

FTX日本法人の顧客資産、米破産法の対象外 返還に道筋

[有料会員限定]

暗号資産(仮想通貨)交換業大手FTXトレーディングの日本法人FTXジャパン(東京・千代田)は1日、顧客から預かっている法定通貨と仮想通貨について、日本の民事再生法に相当する米連邦破産法11条(チャプター11)の対象には含まれないと発表した。親会社を代理する法律事務所が見解を示した。FTXジャパンは今後、返還計画に応じて、出金・出庫を再開する方針だ。

資金が米国法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り180文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません