/

この記事は会員限定です

グラスゴー金融同盟、脱炭素へ移行計画の指針公表

[有料会員限定]

2050年の温暖化ガス排出量の実質ゼロを目指す金融機関の有志連合「グラスゴー金融同盟(GFANZ=ジーファンズ)」は1日、加盟する金融機関に向けて、脱炭素への移行計画の策定指針を公表した。企業との対話や人材育成など、移行を実行に移すために必要な項目を示した。6日に開幕する第27回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP27)を前に、気候変動対策の機運が高まってきた。

GFANZには銀行や資産運用...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り938文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません