/

この記事は会員限定です

世界のM&A36%減 1~6月、利上げや中国封鎖響く

[有料会員限定]

世界で企業のM&A(合併・買収)に急ブレーキがかかっている。2022年1~6月のM&Aは金額ベースで2兆367億ドル(約275兆円)と前年同期比36%減った。新型コロナウイルス禍からの経済再開で過去最高を更新した前年から一転し、コロナ前の水準まで減少した。世界的な金融引き締め、ウクライナ危機や中国の都市封鎖の「三重苦」が響き、企業が攻めの投資を抑えている。

金融情報会社リフィニテ

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り558文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン