/

この記事は会員限定です

黒田緩和の「黒子」 日銀、理事再任の深謀

金融政策・市場エディター 大塚節雄

[有料会員限定]

日銀で金融政策の立案を担う企画ラインの事務方トップ、内田真一理事の再任が決まった。黒田東彦総裁が2013年に異次元緩和を導入した際、制度設計の実務を担ったキーマンの一人だ。資源高や円安、金利上昇圧力のなか黒田緩和の最終年は枠組みのあり方が問われる。黒田緩和の黒子はポスト黒田の金融政策の設計でもキーマンになる。

かつてならプリンスと呼ばれていたかもしれない。プロパーの総裁候補に擬せられるようなキャ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1832文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン