/

この記事は会員限定です

家計「見える化」のススメ BSやCF表作成で不安解消

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新型コロナウイルスの影響で外食や娯楽などの支出が減る中、家計の現状と先行きを考え直す人が目立つ。資産と負債の現状をバランスシート(BS)にしたり、将来の予想を一覧表にしたりするサービスも充実してきた。家計を「見える化」すれば、将来の不安が軽くなる。

住宅ローン・教育費…我が家は健全?

2021年1~3月期の資産は7483万円、負債が4027万円、純資産は3456万円で、純資産比率は前期比6%改善―...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4616文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン