/

この記事は会員限定です

山口FG社長「独断専行許した」 企業風土改革へ権限分散

[有料会員限定]

山口フィナンシャルグループ(FG)の椋梨敬介社長兼グループ最高経営責任者(CEO)は1日、日本経済新聞の取材に対し「独断専行を許すような組織風土があった。(CEO一人に)権限が集中しない組織にする」と語った。同社は12月24日に臨時株主総会を開き、前会長兼グループCEOの吉村猛取締役の解任議案を諮る。新体制で企業風土の改革に取り組む考えだ。

椋梨氏は「(山口FGは)地元である山口、広島、北九州の課題を解決し、多様な視点から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り427文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン