/

三井住友FG、豊洲に個人向け子会社集約

三井住友フィナンシャルグループ(FG)は1日、新たに建設したSMBC豊洲ビル(東京・江東)を開設した。三井住友カードやSMBCコンシューマーファイナンスなど個人向け金融を手掛ける子会社を集約し、業務効率を高める。

NECの顔認証システムを導入し、マスクをつけたままでもICカードを使わずに入退館できる

まず三井住友カードが移転し、10月にSMBCコンシューマーファイナンスが入居する。各社の本社機能を集約し、業務を効率化。データセンターや基盤システムの共通化などとあわせて、グループ全体で2022年度までに計250億円の費用を削減する。

NECの顔認証システムを導入し、マスクをつけたままでもICカードを使わずに入退館できるようにした。今後、コンビニや食堂などでも顔認証で決済できるようにすることも検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン