/

この記事は会員限定です

東京センチュリー、40年に脱炭素目標 アンモニア発電も

[有料会員限定]

東京センチュリーは1日、2040年度に脱炭素の達成をめざすと発表した。石炭と木質バイオマスを混ぜて燃やす山口県周南市の発電所では、二酸化炭素(CO2)が発生しないアンモニア燃料の導入を計画する。批判を浴びやすい石炭火力発電への対応策を示し、温暖化対策への姿勢をアピールする狙いだ。

脱炭素目標は山口県の発電所が1日に商業運転を始めたのに合わせて発表した。同発電所は2017年に東京センチュリー、トクヤマ

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り321文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません