/

この記事は会員限定です

人権侵害で取引停止 サプライチェーンに潜む落とし穴

[有料会員限定]

「ビジネスと人権」という言葉の重みが増している。強制労働や児童労働、産地の住民の生活環境などへの感度の鈍さから、取引停止や投融資が受けられなくなる人権リスクが企業の経営課題として浮上。欧州中心に法整備が進み、機関投資家も企業への圧力を強め始めた。新たな投資判断基準になりつつある「人権包囲網」の最前線に迫った。

欧州で加速する厳罰化の動き

「当社に納めている製品を作っている工場を監査させてほしい」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3400文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン