/

ポイントを賢くためる お得な日と「重ね取り」を意識

日々の買い物で何気なくたまっていくポイント。賢いため方を意識するだけでお得度はグンと上がる。コロナ禍で家計を取り巻く環境が不安定な今こそ、効率的にためるワザを身に付けよう。

4大ポイントの特徴を知り、効率よくためよう

ポイントを効率的にためるには、普段から「ポイ活」を意識した消費行動をすることが大切だ。ポイ活とは、ポイントをためたり増やしたりする「ポイント活動」の略称。効率的にためるテクニックやお得なキャンペーン情報を把握し、暮らしの中に無理のない範囲で取り入れることで、ポイ活はうまく回り出す。ポイントを賢く使えば、家計負担を軽減させることも可能だ。

そのために重要なのは、「自分はどんなポイントをためるべきか」を把握すること。世の中には様々な種類のポイントが存在するが、それらを闇雲にためるのは非効率。自分がよく使うポイントを、集中的にためるのが正解だ。

これからポイ活を始める人にお薦めなのが、特定の店舗だけでなく、幅広い提携先店舗でためることができる「共通ポイント」の活用。中でも、楽天ポイント・dポイント・Tポイント・Pontaポイントの「4大共通ポイント」は、提携している店舗やネットショップの数が多く、ポイントのためやすさ・使いやすさの両面において優れたポイントと言える。

4大共通ポイントを効率よくためるために、まずは2つの心得を押さえよう。

1つ目は、「現金払いでもクレカ払いでも、ポイントカードを必ず提示する」こと。共通ポイントは、ポイントカードを提示するだけでたまるのが大きな特徴。この利点を生かすためにも、買い物の際には必ずポイントカードを提示しよう。「ポイントカードをいちいち提示するのは面倒」と思う人もいるかもしれないが、1カ月など期間を決めてまずは実践を。日々の買い物だけでポイントがザクザク貯まる効果を実感できるはずだ。

2つ目の心得は「各ポイントの特約店を把握しておき、ポイントの取り漏れをしない」ということ。1つのポイントに集中し過ぎるあまり、他のポイントを取り逃してしまうケースは少なくない。しかし、Tポイントをためているからといって、楽天ポイントの特約店で楽天カードを出さないのはもったいない。取り漏れを防ぐためにも、それぞれのポイントの特約店を把握して、着実にポイントを稼いでいこう。

2つのテクニックで効率的にためる

基本を押さえたら、ポイントを効率的にためる2つのテクニックを実践しよう。まずは、「ポイント増量デーやキャンペーンに集中的に買い物をする」こと。4大共通ポイントには、それぞれポイント増量デーやお得なキャンペーンが多数用意されている。例えば、楽天市場では「5と0のつく日」に楽天カードで買い物をすることで、ポイントが5倍となる(エントリーが必要)。こうしたポイント増量デーに買い物を集中させることで、大量のポイントを獲得することができる。

2つ目のテクニックは、「ポイントの2重取り・3重取りを徹底する」こと。ポイントカードを提示した後に、現金払いするのは非常にもったいない。なぜなら支払い手段をクレジットカードや電子マネー、スマホ決済とすることで、ポイントの2重取りができるからだ。また、共通ポイントに加え、その店舗独自のポイントがある場所で使えば、3重取りできることも。ポイント多重取りのテクニックを駆使することで効率は格段にアップする。2大テクを駆使して賢くポイントをためていこう。

[日経マネー2021年5月号の記事を再構成]

日経マネー 2021年5月号 日経平均3万円からの株の勝ち方入門
著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP (2021/3/19)
価格 : 750円(税込み)
この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon.co.jp 楽天ブックス

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン