/

この記事は会員限定です

日経平均VI、2カ月半ぶり低水準

[有料会員限定]

日米で株価の先行きに対する不透明感が薄れている。日経平均株価の将来の予想変動率を示す日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)は1日に21.27と、1月17日以来、2カ月半ぶりの水準まで下がった。米株の変動性指数(VIX)は3月末に、不安心理が高まった状態とされる20を割り込み、足元でも低位で安定する。ウクライナ情勢の緊迫化や資源高への過度な警戒感が後退している。

日経平均VIはオプションの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り488文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン