/

この記事は会員限定です

米長期金利、一時3%割れ 3週間ぶり

[有料会員限定]

6月30日の米債券市場で長期金利の指標となる10年物国債利回りが大幅に低下し(債券価格は上昇)、およそ3週間ぶりに一時3%を下回った。7月1日のアジア市場でも3%を割り込んで推移した。米国の物価にピークアウトの兆しが出たとの見方から、債券を買い戻す動きが膨らんでいる。

6月30日発表の5月の米個人消費支出(PCE)は、米連邦準備理事会(FRB)が重視するPCE物価指数が前年同月比6.3%上昇と市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り213文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン