/

この記事は会員限定です

東証、取引時間30分延長の方針 検討会に提示

[有料会員限定]

東京証券取引所は午後3時までとしている現物株の取引時間を、2024年秋以降に30分延ばす方針だ。1日に開いたワーキンググループで示したことが分かった。金融庁や業界団体との調整を今後進める。実現すれば70年ぶりの延長となる。

具体的な延長幅をめぐっては、30分と1時間にする両案があった。日本では投資信託の基準価格を午後3時に出る個別銘柄の終値に基づいて決めている。この基準価格を算出する時間を確保する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り218文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン