/

ファナック一時5%高 FA成長期待、大幅下落で見直し買い

話題の株

1日の東京株式市場で、ファナックの株価が一時前日比1135円(5%)高の2万3380円まで上昇した。昨日までの3営業日で計6%下落しており、新型コロナウイルス禍のなか、製造現場の無人化需要によるファクトリーオートメーション(FA)関連製品の成長性を考慮し割安とみた買いが入った。証券会社の目標株価引き上げも買い材料視されたようだ。

終値は同990円(4%)高の2万3235円で、売買代金は前日より約3割増えた。この日の市場ではダイキンセイコーエプソンなど、足元の相場下落で大きく下げた銘柄への見直し買いが目立った。

大和証券は11月30日付のリポートで、ファナックの投資判断を上から3番目の「中立」から2番目の「アウトパフォーム」、目標株価を2万5000円から3万円にそれぞれ引き上げた。担当の田井宏介氏は「コロナ禍拡大や脱炭素化はFA関連企業にとって新たな事業機会に」と指摘。半導体などの部品不足を理由として10月下旬に2022年3月期の業績予想を下方修正したが「円安効果もあり、さらなる下振れ懸念は限定的」とコメントした。

一方、市場では「同社が高いシェアを占める中国国内での競合他社の存在は脅威だ」(いちよしアセットマネジメントの秋野充成取締役)との声もあった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン