/

この記事は会員限定です

クジラが課すESGの掟 GPIF新指数が強める選別

ESGエディター 古賀 雄大

[有料会員限定]

ESG(環境・社会・企業統治)投資が深化の度合いを強めている。世界最大級の機関投資家、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が3月、初めて投資先の脱炭素への準備状況などを考慮する指標を組み入れた指数に基づく日本株の運用を始めた。海外投資家が参考にする新指数を市場のクジラと呼ばれるGPIFが採用することで、企業は気候変動対応を一段と迫られ、銘柄の選別につながりそうだ。

1日の日経平均株価は前日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1099文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン