/

この記事は会員限定です

好決算5大銀行に2つの逆風 外債含み損、コロナ引当増も

(更新) [有料会員限定]

国内大手銀行5グループの2021年4~12月期決算が2日出そろった。純利益は合計で前年同期比51%増の2兆4422億円と7年ぶりの高水準だった。企業の活発なM&A(合併・買収)などを追い風に法人部門が堅調だった。株高を受けて個人の運用商品も伸びた。ただ米金利上昇で外債投資は含み損が拡大。国内も新型コロナウイルス禍の長期化で融資先の経営不振などリスク要因が目立ち始めた。

三菱UFJフィナン

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン