/

この記事は会員限定です

トウモロコシ高値圏、背景に中国養豚業の変化

[有料会員限定]

トウモロコシの国際価格が高値圏で推移している。家畜伝染病のアフリカ豚熱(ASF)で打撃を受けた中国養豚業が大規模化に乗り出して養豚数が急増。飼料用途が多いトウモロコシの需要を増やした。世界最大のトウモロコシ生産国、米国の豊作見通しによる供給増加を相殺している。トウモロコシ価格が下がりにくくなれば、飼料の7割超を輸入に頼る日本の飼料各社や畜産農家の負担感は解消しない。

米シカゴ商品取引所のトウモロ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1209文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン