/

この記事は会員限定です

ルーブル8割高・止まらぬ円安 4~6月、実態は「ドル1強」

Quarterly Review ㊦

[有料会員限定]

4~6月の外国為替市場で米ドルの上昇が鮮明になった。インフレ抑制を急ぐ米連邦準備理事会(FRB)が利上げペースを一気に速め、ドルに資金が集まった。円の弱さが際立った1~3月とは異なり、ドル以外の多くの主要通貨が下落した。ロシアのルーブルが8割高と急騰ぶりが目を引くが、市場の潮流は「ドルの一人勝ち」だ。ドル高は新興国のインフレに拍車をかけ、世界経済の減速懸念を強める。

円やユーロなど主要通貨に対す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1318文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン