/

この記事は会員限定です

需給を読む、外国人は順張り 個人は逆張り 相場に影響

基礎から学ぶ資産運用⑤

[有料会員限定]

株価は株を買いたい人と、売りたい人の力関係を示す需給で動く。今の株価水準を安いと考え、買いたい人が多ければ価格は上がり、逆に売りたい人が増えると価格は下がる。相場の先行きを読むには、市場に参加する投資家のタイプによって買うタイミング、売るタイミングが異なる傾向がある点を把握しておく必要がある。

日本国内の上場企業全体の株保有割合を見ると、海外の機関投資家や個人などの外国人投資家が最も多く、約3割を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り532文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン