/

この記事は会員限定です

中小監査法人、登録制で選別へ 運用の厳格さカギに  

[有料会員限定]

上場企業の会計監査において役割が増す中小監査法人の選別が進みそうだ。監査担当を大手から替える動きが目立つ一方、ずさんな監査体制で行政処分を受ける中小は少なくない。金融庁は上場企業の監査を担うための登録制度を法律で定め、情報開示などを強化する方針だ。自主規制団体の日本公認会計士協会が登録制をどの程度厳格に運用できるかが焦点だ。

監査法人のあり方を巡り、金融庁は公認会計士法などを改正し、自主規制の枠...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1073文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン