/

この記事は会員限定です

トウモロコシ先物、4カ月ぶり安値 作付面積予想上回る

[有料会員限定]

トウモロコシの国際価格が急落している。6月30日の米シカゴ商品取引所で先物価格(12月物)が1ブッシェル6.19ドルで取引を終え、終値ベースで3月上旬以来およそ4カ月ぶりの安値となった。作付面積が市場予想を上回り、供給増加が意識された。在庫の増加も売り圧力となった。

米農務省が6月30日発表したトウモロコシの作付面積は推計8990万エーカーだった。ロイター通信がまとめたアナリスト予想平均を上回っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り345文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン