/

この記事は会員限定です

日経平均681円安 菅首相退陣表明時の水準に逆戻り

(更新) [有料会員限定]

1日の東京株式市場で日経平均株価は5日続落し、終値は前日比681円(2.3%)安の2万8771円と9月2日以来ほぼ1カ月ぶりの安値となった。供給制約でインフレが加速するとの懸念が高まり、米国株など世界の株高が変調している。自民党の岸田文雄新総裁が新政権に向けて人事を固めている最中だが、新たな政策が打ち出されるとの期待から流入してきた海外マネーも売りに回っている。

1日の日経平均の終値は、菅義偉首相...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り766文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン