/

この記事は会員限定です

高シェア銘柄優位の逆説 先行き不安 マネーが退避

五味梨緒奈

[有料会員限定]

視界不良の株式市場で、投資家が高シェア企業に厳選投資する姿勢を強めている。サプライチェーン(供給網)の混乱などを受け、企業業績は想定ほど改善しないとの見方が増えてきた。一方、長い目ではコロナ禍からの景気回復傾向にあり、完全に資金を引き揚げるわけにはいかない。トヨタ自動車花王など各業界の高シェア優良銘柄に資金が集中している。

1日の東京株式市場で日経平均株価は前日比681円(2.3%)の大幅安となり、1カ月ぶりに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1152文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン