/

この記事は会員限定です

世界株1年8カ月ぶり上昇率  期待先行、買い戻しが主導

[有料会員限定]

株式相場が世界的に戻りを試している。世界全体の株式の値動きを示す指数は7月に反発、上昇率は1年8カ月ぶりの大きさだった。本格化している4~6月期決算発表で事前の市場想定ほど悪くない業績が多いうえ、近い将来に米連邦準備理事会(FRB)が利下げに転じるとの期待が高まっているためだ。ただ景気後退への懸念は強く、株高の持続性には疑問符もつく。

米MSCIが算出する世界株指数(ACWI、現地通貨建て)は7...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1685文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン