/

この記事は会員限定です

「岸田相場」ご祝儀はこれから? 焦点は経済政策と人事

[有料会員限定]

9月29日投開票の自民党総裁選で岸田文雄新総裁が誕生したが、株式市場の「ご祝儀」は限定的となっている。世界的な半導体株の失速や中国経済の減速などが懸念材料で、日本株の雲行きは怪しい。「岸田相場」が勢いづくかは10月4日にも発足する新内閣の布陣や、衆院選に向けた経済政策がカギを握る。

前週(9月27日~10月1日)の日経平均株価は5営業日続落した。週間で1477円(4.9%)安となり、下落は2週連続...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り912文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン