/

この記事は会員限定です

干上がるマネー、波乱の予兆 FRB資産急減の9月に試練も

QT 変容する市場㊤ 金融政策・市場エディター 大塚節雄

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)が量的引き締め(QT=Quantitative Tightening)に着手した。足元の金融市場は落ち着いているが、あふれかえったマネーが徐々に干上がっていく影響は無視できない。試練は資産の削減額が2倍になる9月に訪れる。高インフレが収まらず利上げペースを減速できない場合、QT加速とダブルパンチで市場に波乱を呼ぶリスクが潜む。

「ほぼ織り込み済み」。QTの開始日に当たる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1852文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン