/

この記事は会員限定です

ESG、静かなデータ革命 「可視化」が変える経営軸

ESGエディター 松本裕子

[有料会員限定]

アピールがうまい企業ばかりが優遇されていないか――。ESG(環境・社会・企業統治)投資につきまとってきたこんな疑問を吹き飛ばすような変化が静かに進んでいる。ESG関連の情報開示が急速に進んだ結果、環境や社会への貢献度を定量的に把握しやすくなってきたのだ。利益とESGの両面で価値を測り、総合的に優れた企業に資金を流し込むというESG本来の姿が実現に向かおうとしている。

「ESG情報が開示され、取り組...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1584文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン