/

この記事は会員限定です

個人資産、投資拡大の兆し 投信残高は過去最高 

米欧と比べなお低く 日銀統計

[有料会員限定]

個人が手元に積み上がった資金を投資に振り向ける動きが広がりつつある。日銀が25日発表した1~3月期の資金循環統計(速報)で、家計が保有する金融資産の残高のうち、投資信託の残高は3月末時点で前年比33.9%増の84兆円と過去最高だった。株高で評価益が増加したほか、投信を新規購入する個人も増えた。

若年層の意欲高まる

家計の金融資産残高は7.1%増の1946兆円で、過去最高を更新した。このうち新型コロナウ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン