/

この記事は会員限定です

米ジャンク債に資金流入 縮まる国債との利回り差

投資適格債からシフトも

[有料会員限定]

米市場で低格付けの社債(ハイイールド債、ジャンク債)の利回り低下(価格上昇)が目立っている。8日には米国債との利回り差(スプレッド)が2年半ぶりの水準まで縮小した。ワクチン普及で新型コロナウイルス禍からの正常化を見据える投資家は、格付けが投機的とされる水準にあるぶん利回りの高い債券への投資を加速している。

米インターコンチネンタル取引所(ICE)と米バンク・オブ・アメリカが算出するドル建てのハイイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1304文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン