/

この記事は会員限定です

コロナ禍の2020年生産額、業種で明暗

統計の森を歩く

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で2020年の日本経済は大きく落ち込んだ。内閣府が21年12月に公表した国民経済計算の20年度年次推計では、暦年の付加価値生産額を業種ごとにみることができる。業種によっては生産額を増やしており、明暗が分かれた。

「業種的に跛行(はこう)性があった」。東レ経営研究所の増田貴司エグゼクティブエコノミストは、リーマン・ショック時以来の大きさのマイナス成長だった20年の日本経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

国内外で毎月、毎四半期などに発表される様々な経済指標。どう読み解き、資産運用に役立てるのか。マーケットやマクロ経済を30年近く取材してきた日経QUICKニュース編集部の穂坂隆弘次長が解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン