/

この記事は会員限定です

アリババ集団、時価総額の世界トップ10から陥落

遠のくGAFAMの背中

[有料会員限定]

世界の株式時価総額ランキングで、中国企業の地盤沈下が鮮明だ。アリババ集団は年初から2割減らし、トップ10から陥落した。中国ネット大手2強の騰訊控股(テンセント)とともに、米主要ハイテク企業「GAFAM」の背中が遠のいている。

ファクトセットが集計した日本時間28日午前3時時点の時価総額ランキングで、テンセントは8位、アリババは10位だった。同ランキングには時価総額1.8兆米ドル規模のサウジアラビア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン